読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

開け!未来への扉-今日がそのスタートだ!-

f:id:meganenokagayaki:20140314083033j:plain
 
おはようございます。
卒業関連で書いた文章第3弾は、【学年だよりの最後に】です。学年主任として、6年生に向けて書きました。
 

開け!未来への扉-今日がそのスタートだ!-

世界中に定められた どんな記念日なんかより
あなたが生きている今日は どんなに素晴らしいだろう
世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう

(作詞・作曲:真島 昌利 THE BLUE HEARTSの「Train-Train」からの引用)

 

卒業を迎えた君たちの姿は、誰よりも輝いている。小学校に入学してからの6年間過ごしてきたこの校舎とも今日で、お別れです。たくさんの思い出が詰まっているよね。思い出をしっかり心に留めてください。また、今日を迎えることができたことに喜びを感じ、今まで支えてきてくれた方々へ感謝の気持ちを持って欲しいと思います。この節目を大切にして、中学校へ進学してください。

 

卒業文集で描いた夢に向かって進もうよ。中学生で、やると決めた目標をしっかりと達成する。まずは、中学校生活を充実させよう。学習内容や部活動、友達と、春からは、新しいことばかり。新しいことは、ワクワクするよね。反対に、中学校になじむことができるのか、新しい友達ができるのか、不安なこともあるよね。不安なことがあるのは、当然!  

 

君たちの周りには、支えてくれる家族や仲間がいるよね。ひとりじゃないんだよ。悩んだときは、その人たちに相談してみよう。また、小学校生活を思い出してみよう。力を合わせて完成した組み体操、団体戦で臨んだ受験、気持ちをひとつにして演奏した音楽発表会、どの場面でも君たちは、一生懸命取り組んで、素晴らしい成果を発揮したよね。そして、卒業文集を読み返してみよう。103人分の夢が詰まった文集には、不安なことを吹き飛ばすアイディアやアドバイスがきっとあるはずだよ。

 

ずっと、物事が順調に進むことは難しい。不安や困難は、必ず起こる。一つ一つ乗り越えることが、自分の力となり、それが夢実現への土台となるよ。土台がしっかりするかどうか、とても大切なことだよね。中学校での3年間、土台作りを丁寧に行って欲しい。

 

最後に、「やさしさ・かしこさ・たくましさ」人にやさしく、知性と粘り強くしなやかな精神を兼ね備えた人物、これが朝日塾小学校の卒業生です。自分の母校に誇りを持って、中学校に進学して欲しい。

これから様々な分野で、君たちが活躍することを心から願っています。
今日は、卒業おめでとう。                            小寺 祐輔
 
 
今日も読んでいただきまして、ありがとうございます。