眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

2014年読んだ本その13

f:id:meganenokagayaki:20140326230833j:plain
おはようございます。
今日は、先日受講した講座の本です。
教師向けの書籍ですが、親の方にも是非読んで頂きたい一冊です。
 
〈読書メモ〉
  • 信頼ベースのクラスとは、豊かな言語活動をベースに自分の力に気づき、まだまだ伸びていくことを実感し、信頼することができ、友達と社会との繋がりや可能性を実感するクラス
  • 言語活動を充実させることで、コミュニケーションや思考のクオリティがアップし、学びが深まる
  • 介入のポイントは、「長居しない」「少し背中を押して去る」
  • 教師は、怒るのが仕事でない。練習を積み重ね、怒らず、授業をすすめることができる
  • 学びのポイントとタイミングは、学び手にある
  • 学び方はひとりずつ違う
  • 自分の学び方を知ることで、探求方法を得る
  • カンファレンスとレクチャーで、学びを広げ、深めることを促進する

新年度のクラスで、導入していきます。

 

今日も読んでいただきましてありがとうございます

広告を非表示にする