読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

2014年読んだ本その22

f:id:meganenokagayaki:20140901213721j:plain
今日は、絵本です。

ことわざ絵本/五味太郎

今年度は、帰りの会の時に本の読み聞かせを毎日行っています。1学期から読んできたことわざ絵本が、ついに今日読み終えました。

大体、1回につき、3個程度のことわざを紹介して、その後紹介したことわざをクラスみんなで暗唱して帰るようにしています。

この本の良さは、ことわざの意味に加えて、五味太郎さんの解釈がついているところです。

例えば、このことわざ!


おぼれるものはわらをもつかむ

おぼれてる人は助かろうとしてわらだろうが何だろうが手あたりしだいにつかんでしまうもの、ということ。

そして、五味太郎さんの解釈は、

それは、つまりひとはこまった時には何にでもすがってしまうという弱さがある、ということ。おぼれないために こまらないために日頃から訓練、訓練・・・すがる時はもうおそい


こういった感じで、ことわざが約100個収録されています。絵本だから、楽しんでことわざを学ぶことできる1冊です。学級文庫に向いている1冊ですね。

続編のことわざ絵本2もあるようなので、買おうと思います。


今日も読んでくださりありがとうございます。


ことわざ絵本

ことわざ絵本

広告を非表示にする