読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

2014年読んだ本その24

f:id:meganenokagayaki:20141212004804j:plain
こんばんは。
久しぶりの読んだ本紹介します。

『売れる文章術』中野巧著

文章書くのは、苦手だな。何を書いていいのやら・・・

多くの人が、文章に対して持っている感情だと思います。自分もそうでした。

出来れば、書くことから逃げたい。
特に学生の時はレポートや論文を書くことが嫌で嫌で仕方なかったように思います。

そんな僕も、本書で紹介されているエンパシーライティングに出会ってからは、書くことに抵抗は和らぎました。そして、何より自分が書く文章を「これでいいな」と思えるようになりました。

この本では、確かにたくさんの事例や細かい(こんなに細かく書いていいのってくらい)説明が書かれていて、参考になります。

でも

伝わる文章ってテクニックじゃない


この本の良さは「文章を書く」ということは、自分らしさを表現すること。自分の伝えたい相手を想像して、相手が知りたい順に書いていくことが重要だと言っています。

自分の書いた文章を相手が読んで幸せになる。その幸せが自分にも訪れる。共感が生み出す世界観、それがエンパシーライティングにはあります。

手軽に情報を発信できる時代だからこそ、読み手を意識した文章の重要性は高まっていますよね。

この本が、一人でも多くの人に読んで欲しいと思いますし、読んだ方と一緒に文章で夢を叶えていきたいなと読み終えた後に頭の中で浮かんできました。

おすすめの1冊です!

今日も読んでくださり、ありがとうございます。
広告を非表示にする