読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

見たいのは?

f:id:meganenokagayaki:20150810161524p:image

前回に引き続き息子の話です。

関西に帰省しています。

昨日は、息子&娘を連れて須磨海浜水族園へ行ってきました。

息子と娘に水族館に行くことを伝え、質問してみました。


水族館で何見たいの?

娘は、「ペンギンさんとイルカさん!」
息子は、「タコさん!」

「タコ???」

「タコさん、食べたいの?見たいの?」

息子は、「タコさんを見たい!」

何故タコを見たいのかは謎です。。

水族館に着いてから、インフォメーションでスタッフの方に、「タコってどこにいますか?」と聞いて見ました。


「タコですか!?ちょっと待ってくださいね。」


「確かにタコがどこにいるのか聞く人は、少ないよなぁー。」と思いつつ、暫く待つことに。

「えーとタコは、1階と2階の間の水槽にいます」

「ありがとうございます」と伝え、息子を連れて1階からタコ探しをすることに。

イワシの大群に息子は興奮気味。
ようやく、お目当てのタコの水槽を見つけました。

「タコさん、おるよー!」

そこで息子の衝撃の発言。

「暗いからタコさんこわーい」

「ええー」
ここまで来て怖いかよ。。
その後、少しタコが動いたので、

「タコさん、ほら動いたよ!」


息子

「こわーい、もう行く」

まじか。。結局、タコは暗いのが怖くて殆ど見ずに、その後見たペンギンやラッコ、イルカは大喜び。。。

お土産屋さんでは、やはりタコのぬいぐるみをおばあちゃんに買って貰い、大満足。
しかもタコ次郎と名前までつけて溺愛している。

お風呂に入った時に、
「今日の水族館で楽しかったの何?」
と尋ねると、

「タコさん」

だって。もうよく分からない。2歳児め!

図書館に拘ったり、タコが好きだったり、マニアックな趣向がある息子。困ったもんです。

今日も読んでくださってありがとうございます。



広告を非表示にする