読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

学び直し

f:id:meganenokagayaki:20150812145835j:image

世界史は必修科目

高校時代、皆さんは日本史・世界史どちらを学びました?ちなみに、僕は世界史を学びました。日本史は、高2まで勉強しました。
教員採用試験を勉強する時に知ったんですが、世界史は平成6年以降必修科目なんです。知ってました?

「世界史は苦手です」
という人は、多いですよね。僕もです。

世界史って、
  • 時代の横軸と地域の縦軸が錯綜する
  • カタカナの人物名や地名が頭に入ってこない。
この理由で僕は苦手です。


学び直したい

世界史は苦手ですが、歴史を学ぶのは好きです。
なんてたって、文学部史学科卒業ですもん!
それに中学校の社会科と高校の地歴の教員免許も持ってますよ。
ということで、もう一度世界史を学ぼうと思って、手に取ったのがこの本。

若い読者のための世界史 上
/エルンスト・H・ゴブリッチ

むかし、むかしと物語を語る形で24章の話が書かれています。読みながら、分からない言葉は高校時代に購入した世界史B用語集(山川出版)で確認しました。


  • そう言えば、そんな人物いたなぁー。
  • そうだったのかぁー。

思い出しながら読み進めることができました。
ここから、問題集などで知識を確認していけば、定着するだろうけど。

上巻が終わったので、下巻も読もうと思います。

先日、中教審で近現代史が次の学習指導要領から必修になるのが決まったとニュースで報道されていました。

これからより歴史を学ぶ重要性が増してくると思います。

今日も読んでくださってありがとうございます。










広告を非表示にする