読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

大好きな映画を娘と

f:id:meganenokagayaki:20160308081057j:image

ドラえもん のび太の日本誕生

これが公開されたのは、1989年3月11日。僕の6歳の誕生日です。誕生日プレゼントとして、姫路駅前の映画館へ父親に連れて行ってもらったことを鮮明に覚えています。
さびれた映画館、のび太くんが泣きながら「ドラえもーん!」と叫び、始まる場面の3D映像など記憶に残っています。僕にとって、とっても大事な映画です。

そんな映画を娘と・・・

昨年の「ドラえもん のび太のスペースヒーローズ」に続いて、4歳の娘と見に行って来ました。僕は話の筋を知っていますが、勿論娘は知らないので、どんな話かは話さずに見ました。

歴史の重さ

ネタバレになるので、詳細は控えますが、最後のドラえもん(ドラゾンビ)vsギガゾンビの時のセリフが、心に響きました。歴史の重み、文明の発達の大切さを感じました。

まとめ

父親が僕を連れて行ってくれたように、僕も娘を連れて、「ドラえもん のび太の新・日本誕生」を見ました。独りで見るよりも感慨深いものがありました。娘も自分の子供が産まれたら、こうやって僕と見た映画を鑑賞して欲しいなと、バカ親なことを思ったのでした。

今日も読んでくださってありがとうございます。

広告を非表示にする