眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

未来が昔にはあった

 https://g.co/kgs/4QhdrN

6月9日は何の日?

 

もちろん、ロックの日!!

 

「さぁー、ロックの日だから何を聴こうかな…。」

 

仕事終わりの駅のホームで、電車が来るのを待ちながら、MP3プレイヤーをいじっていました。

 

 

確かに未来が昔にはあった

MP3プレイヤーをいじって、選んだ曲は、「実験4号」。

The ピーズが1997年に発表したアルバム「リハビリ中断」に

収録されている曲です。ウルフルズがカバーをしている曲でもあります。

 

リアルタイムでこの曲を知ったわけでなく、The ピーズも実験4号も出会ったきっかけは、伊坂幸太郎の小説。

 

実験4号

実験4号

 

 

そのまんまのタイトル。

なんだろう、小説に出てくる音楽って妙に聴きたくなるです。

影響を受けやすいというか、ミーハーというか。

 

でもね、

こういう繋がりで音楽や本の幅が広がっているわけなんです。

確かに未来が昔にはあった

初めて聴いた時に、この歌詞がぐさっと突き刺さりました。

「昔は良かった。」ことをこんな言葉で表現する。

表現力の豊かさに驚きました。

 

終わりを予感させる歌詞。実際この後、ピーズは活動休止に入ります。そして、復活。

 

今は精力的に活動をしています。それを予感させることも実験4号では唄っています。

続くよ まだ2人いる

なんか またつくろう 場所は残ったぜ

 

そして、締めくくりは君と最悪の人生を消したい

 

僕は、今日よりも明日の未来を良くしようというメッセージが込められていると実験4号を解釈しています。

 

というわけで、日付が変わってしまいましたが、ロックの日よりも6月10日がいい日でありますように。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする