読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

君のキレイに気づいてくれよ

f:id:meganenokagayaki:20160614224115j:image

 

砕け散るところを見せてあげる

本屋さんの文庫本コーナー。

表紙の浅野いにおが描いたイラスト。

いにおが描く女の子、可愛いよなぁー。

思わず、本を手に取る。

帯をチェック、伊坂幸太郎のコメント。

おっ!伊坂がコメントしてる!!

作者の竹宮ゆゆこさんは、知らない作家さんでしたが、いにおと伊坂で購入しました。

 

高校生の日常を描いた作品かと思いきや・・・

裏表紙を読むと、

大学受験を間近に控えた濱田清澄は、ある日、全校集会で一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。

あぁー、いじめを助けて恋に発展する小説かぁ・・

 

割って入る清澄。だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃からの「ああああああ!」という絶叫だった。その拒絶の意味は何か。

単なる恋愛小説ではなさそうだなぁ。

 

いじめているところを助けて、恋に落ちるだけのストーリーではないのが、読む前に分かりました。

 

気になる一文

最後の一文、その意味を理解したとき、あなたは絶対、涙する。

帯にそう書かれていました。

 

ネタバレになるので、細かいことは書きませんが、途中までは、当初の考え通りいじめているところを助けて、後輩である蔵本玻璃が先輩の濱田清澄を好きになる。もちろん、先輩も後輩のことが気になっていく展開です。

 

だんだんと雲行きが怪しくなっていき、ラスト50ページは、マジっすか!という流れ。

 

一気に読んじゃいました。

 

でもね、終わりになるにつれて、頭の中が???。

 

最後まで読んでも、???。

 

読解力がない僕には、1回読んでもわかりませんでした(笑)。

 

そこで、検索してするとこのブログが見つかりました。

 

http://kwusbb.hateblo.jp/entry/2016/06/12/062055

 

このブログを読んでも、納得!!!!

伊坂幸太郎のコメントも意味が分かった。

 

もう一回、読んでもみよう。

 

この作品、伊坂幸太郎の『砂漠』にも近い雰囲気がありました。こちらもオススメです。

 

 

砂漠 (新潮文庫)

砂漠 (新潮文庫)

 

 それから、BGMをつけるならこれ!!!

 

 

『砕け散るところを見せてあげる』いいですよ。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。