読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

スヌーピーの絵本

f:id:meganenokagayaki:20170109211530j:image

「父ちゃん、スヌーピーの絵本借りたい!」

図書館に着くなり、娘が僕に行ってきました。

 

(スヌーピーって漫画だよなぁー。絵本なんてあるのか?)

 

取り敢えず、「スヌーピー」と打って、図書館にあるパソコンで蔵書検索。さすが、スヌーピー。かなりの数がヒットしました。

 

但し、どれが絵本なのかはタイトルだけではよく分からず・・・。

 

そんな時は、聞くのが一番!

図書館のスタッフさんへ質問

スヌーピーの絵本はありますか?」

「漫画じゃなくて、絵本ですか?」

「はい」

 

キーボードをパチパチ・・・

 

「クリスマスのものですが、1冊書庫にありますので、お持ちしますね。後、漫画の置いてある所もご案内します」

 

(めっちゃ丁寧な対応だな)

 

しばらくすると、書庫からスヌーピーの絵本を持ってきてくださいました。

 

図書館のスタッフさんへお礼を伝えて、絵本と『スヌーピーの人生案内』という本を借りました。

 

我が家は市立派!

岡山と言えば、岡山県図書館が全国で貸し出し冊数が全国1位で有名です。

 

でも、我が家はいつも岡山市図書館を利用しています。それは、借りる冊数に制限がないからなんです。これって、凄いことですよね。

 

休日は、利用者が多くスタッフの方は貸し出しや返却の処理で忙しそう・・・。それなのに、丁寧に対応してくださって頭が下がりました。

見習うべき姿勢だなと思います。

 

優しい気持ちになった成人の日でした。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする