読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

誕生日は素敵な1日

音楽 日常

3月生まれは嬉しくなかった

3月11日。僕は、誕生日を迎えました。

3月生まれで、いい思いをした記憶がありません。学年末だからクラスで行われてた誕生日会も2月と3月は、まとめてするようなことも多くありました。3月生まれって、何だか損した気分。よく思っていました。

 

2011年以降は、震災があった日。

「誕生日いつ?」と聞かれて、「3月11日。」

と答えると、「あぁー地震の日かぁー。」

こんな返事がよくきます。地震が後から起こった訳で、別にその日が悪いわけじゃないけど、何だか申し訳ない気分になることが続きました。

これは、1月17日生まれの人も同じ経験があるみたい。

 

そういう訳で、僕は3月11日の誕生日ってあんまり嬉しい日ではなかったのです。

 

いくつになってもHappy birthday

それでも自分が生まれた日。

毎年のように、母親は律儀に産まれた時間にメールをくれます。自分も親になって思うこと。

それは、自分をこの世に産んでくれたことへの感謝です。照れくさくて、なかなか伝えることができなかったけれど、今年は、返信メールに書きました。

35年前に産んでくれてありがとう。

って。おかんからは、「うれしい言葉をありがとう」と返事が来ました。何だか、自分も嬉しい気持ちになりました。

 

そんなやりとりをしていると、頭に浮かんだのが、吉田拓郎の「いくつになってもHappy birthday 」。2001年発表の曲だから、拓郎にとっては最近の曲。

 

人生の主役は君

幸せ運ぶのも君

いつまでも変わらず

元気でいてくださいね。

 

このフレーズが大好きです。

やっぱりいくつになっても誕生日はいい。

こんな歳だから・・・と言わずに、自分が生まれて来た日、産んでもらった日に感謝をして過ごす日でありたいです。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

広告を非表示にする