読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

短冊に願いを込めて

f:id:meganenokagayaki:20160628193445j:image

 

もうすぐ、7月。

七夕が近づいてきました。

うちの学校でも七夕祭を行います。

今週から、七夕飾を作り始めています。

 

先日、教室でこの絵本の読み聞かせをしました。

『おごだでませんように』

 

主人公は、小学1年生の男の子。

学校でも家でも、怒られてばかりいる男の子です。

本人は、そんなつもりはないのに、いつも怒られてしまう。

 

そんな男の子が、短冊に書いたお願い事。

それは・・・。

 

うちのクラスの子供たちは、自分と同じ1年生の主人公に親近感を覚えたのか、シーンとして真剣に話を聞いていました。男の子の気持ちに共感できるところも多かったんだと思います。

 

また、親としても教師としても、日頃の子供への接し方について考えさせられることが、大いにあります。読んでいて、ぐっとくる場面がたくさんあります。

 

こんな七夕のお話もありだと思います。

小学生がいらっしゃる方は、是非読んでみてくださいね。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

おこだでませんように

おこだでませんように

 

 

 

広告を非表示にする