眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

SHARE LIFE-新しい社会の生き方-

f:id:meganenokagayaki:20190323163559j:image

春休みに入りました。

年度末の仕事、そして年度初めの仕事。

春休みは、忙しい時期ですが普段よりは時間に余裕があります。本を通して、学びを深めたいと思います。今日読んだ本は、こちらです。

石山アンジュ著『SHARE LIFE』

この本を読んで、僕は3つのことを考えました。

 

シェアライフ 新しい社会の新しい生き方

シェアライフ 新しい社会の新しい生き方

 


■ シェアリングエコノミー

f:id:meganenokagayaki:20190323170751j:image

「シェア」という言葉。

かつては、マイホームやマイカーなど個人で所有することに価値がありました。

 

今では、シェアハウスやカーシェアリングなどたくさんのサービスが広がりを見せています。複数の人で分担するという考え。

 

これは、教育の分野でも同じ流れが起こっています。授業を聞いて、ノートを書いたり、問題を解いたりする授業からグループで考えを出し合い、話し合いをしながら課題を解決していく授業へと変わってきています。

 

個人の間にあった衝立を取り払い、個人同士が繋がる。そこから新しいコミュニティが生まれていく。

モノや場所、時間や経験や知識などあらゆるものが繋がる時代となってきています。

シェアという考え方が経済・社会の在り方、そして私たちの生き方を変えようとしている。

「豊かさって何だろう?」

シェアライフにより、豊かさに対する考え方が変わると石山さんは、述べています。

 

モノやお金による豊かさから時間や場所や体験を共有することから得られる経験による豊かさへ。豊かさへの考え方の転換期がきているのだろうと思います。

 

■ 家族のかたち

f:id:meganenokagayaki:20190324060232j:image

「家を所有しない」という考え方。

ライフスタイルや趣味によって家を共有する。

そのような人が集うからこそ、何かあった時も助け合える安心感が生まれる。それが、より充実した生活を過ごすことに繋がる。

 

ただし、まだ課題もあります。それは、住民票やどこに税金を納めるか、また子どもの学校の問題などなど。解決していく課題は、たくさんあるそうです。今は、まだ「家を所有しない」という考えは、一般的ではないですよね。この考えが、徐々に広がっていけば、行政の問題もクリアになっていくような気がします。

 

家族のかたちや共生のかたちは、もっと多様であっていい

「子どもは親が育てるべき」から「子どもは社会で育てるもの」へ。

そうなった時に大切なことが2つあると石山さんは、言っています。

  • 自分を閉じずに開きつづけられるか
  • どこまで他者を自分のことのように受け入れられるか

 

親だけで子どもを育てるには、限界があります。家庭・学校・地域で子どもを育てる。居場所を作る。学校と家庭以外に自分の居場所を見つけられると、人間関係の幅が広がりますよね。ファミマが、子ども食堂を始めたことをニュースで知りました。

昔は、近所に駄菓子屋さんがあってそこが放課後の集まる場所だった。コンビニが、その役割を担うようになるのは、良いことです。

 

また、僕が期待するのが公民館です。公民館って、地域に必ずあるものです。今でも僕の近所の公民館では、週に何度か放課後の学習支援をしているようです。公民館が、もっと活用されて子どもも大人も学べる場になること。学び続ける大人の集まりが展開できればと思います。

 

■ 信頼

f:id:meganenokagayaki:20190324084131j:image

ご近所さんで助け合う。

昔から日本人が大切にしてきた考え方です。

経済が発展していく中で、この考え方は希薄になってきました。しかし、平成の大きな災害を通して、やはり近くに住んでいるもの同士で助け合っていくことの大切さを再認識されています。それに加えて、テクノロジーの進化によって、物理的な距離が縮まりました。

テクノロジーに頼る部分と、人としての良心をもって、新しい信頼が、これから広がっていくはずです。

人とつながれば、大丈夫。

これが、ベースとなって個人と個人がつながる。新しいコミュニティが生まれていく。

どこか一つに所属するのではなく、複数のコミュニティに所属することが当たり前になってくるのでは、ないでしょうか。

 

まとめ

シェアから生まれる新しい豊かさ。

共有するからこそ、「自分は何者か?」と問い続けていく。みんな一緒から、一人ひとりを確立していくことが大切になっていくな。

この本を読んで、自分の生き方を考えさせられました。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

僕は、あいみょんを聴かない

f:id:meganenokagayaki:20190306211631j:image

流行を追わなくなる。

アラフォー世代真っ只中の僕としては、流行りのドラマや音楽は、滅法弱くなってきました。

これが、おじさん化という現象なんだろうな。

自分の守備範囲のものにしか触れない。

コンフォートゾーンを広げることに力を注いでいない自分が、ちょっと嫌いです。

そんな少し嫌気がさしていた時に出会ったアーティストが、あいみょんです。

 

新年会での出会い

職場の新年会で、カラオケに行きました。

そこで、後輩が歌っていたのが「君はロックなんて聴かない」でした。「あいみょん」という名前は知っていましたが、それまで曲は聴いたことがありませんでした。

 

勝手なイメージでは、アイドルちっくな女の子がギター一本で歌っている。そんな感じでした。でも、画面に流れてくる歌詞を見ていると、アイドルテイストは感じられず。僕は、寧ろしっかりとした世界観を受け取りました。そこからあいみょんに興味を持ちました。

 

こんな時に役に立つのがアマゾンミュージック。「あいみょん」で検索。すると君はロックなんて聞かないがヒットしました。

早速聴いてみると、声がいい!

 

GLIM SPANKYの松尾レミさんと同じように、ハスキー且つ芯のある声でした。僕が興味を持つ歌い手さんは、声に特徴がある。

 

コザック前田峯田和伸チバユウスケ浅井健一桑田佳祐吉田拓郎•••etc

 

歌唱力よりも声に惹かれることの方が多いです。ここは、個人によって好みが分かれる所ですが。僕は、あいみょんの声に惹かれました。

そして、Wikipediaで検索すると、新たな事実が発覚。

 

音楽的ルーツは、浜田省吾吉田拓郎河島英五尾崎豊フリッパーズ・ギターおよび小沢健二、平、自分とは異なる性ゆえに正反対の感性で言葉を選ぶ男性のシンガーソングライターで、旋律より歌詞を重要視し、比喩表現が上手な芸術家を好む。特にフォークソングが好き。最初に目指していた音楽性も小沢健二フリッパーズ・ギターのようなものだった

 

やはり。

あいみょんの音楽的ルーツを辿ると、僕が好きなミュージシャンばかりだ。自分よりも一回り年下の女の子が、紡ぎ出す言葉と奏でる音に共感する。音楽は、年齢や性別を越えて共有することができる共通項です。

 

僕は、これからもあいみょんを聴き続けます。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

◆解決志向ブリーフセラピー◆

f:id:meganenokagayaki:20190224121616j:image

本から本への数珠つなぎ

『学校の「当たり前」をやめた』

千代田区麹町中学校校長工藤勇一さんの書籍で紹介されていた一冊です。

教育相談やカウンセリングについて、学びたいと思って購入しました。本の中で紹介されている本。これを読んでいくのが、僕のブームです。こうやって、幅を広げていくのが、楽しいのです。

 

■ 解決志向って??

解決志向の反対は、問題志向。

事柄に対して、どこに原因や理由があるのか探していく。トラブルが起こった時に、色々とその原因を探していきますよね。でも、原因や理由を探すことが目的になってしまう。解決に辿り着かないことは、ままあります。

過去は、変えられない。原因や理由に焦点を当て続けても解決には向かわない。課題を解決していかないと次へは進めません。

解決志向は、未来に焦点を当てた考え方です。質問によって、行動を起こさせるのが解決志向ブリーフセラピーです。本文の中では、こう書かれています。

「解決」について知る方が問題を把握することよりも有用である。

 

■ ゴール設定

問題を解決するには、ゴール必要です。もちろん、未来を意識したゴール設定が必要です。

一言で「未来」と言っても、そこには3つの段階が存在するようです。

1.義務&必要

→こうなるべき、こうなる必要がある。

2.希望・夢・願望

→こうなりたい、なって欲しい。

3.必然的進行

→当然そうなる。

3番の段階まで言えると、相当強いですよね。

多くの人が、2番止まりです。または、べき論にとらわれてすぎてしまいます。

それでは、3番の段階まで行くためには、良いゴール設定が必要です。良いゴール設定をするための条件も記されています。

 

  • 大きなものではなく、小さなものであること
  • 具体的なできれば行動の形で記述
  • 肯定形で語られていること

 

この3つは、学期のめあてを考えさせる時に有効だなと思います。「○○を頑張る」というめあてではなく、「○○ができるようになる」という形がいいことを表していますね。

 

■ まとめ

質問の重要性、そして質問の技術向上が肝だなと思いました。学校の先生は、児童・生徒との面談や保護者との面談など面談をする機会が非常に多いです。カウンセリングやコーチングを意識して学ぶ必要がありますね。この本は、多くの先生に読んでもらいたい1冊でした。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー

森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー

 

 

 

 

 

そこ、気にするの!!

f:id:meganenokagayaki:20190305184651j:image

今日の娘との会話です。

ケース1:現実的だね

娘は、小学1年生。

娘:「先週さぁー、新しい1年生が体験に来たん    

        よ。」

俺:「うんうん、前言ってたよな。」

娘:「その時、案内した子が、何と学童に入って  

        くるんよ。」

俺:「へぇー、良かったやん。女の子?」

娘:「男の子。カッコいいんよ。私の名前書いた

        手紙渡しちゃった!」

俺:「おぉー、それは良かったやん。4月からそ

        の子と同じ部屋だったらいいよなぁー。」

※学童は、人数が多いから部屋が4つあります

娘:「そんなに上手くいくわけないやん!」

→そこは、期待しないんですね・・・。

 

ケース2:気になるのは、そこか!

話題を変えて、話は進みます。

俺:「今年の夏も、父ちゃん東京に勉強しに行く

        から一緒に行こうや。その後、藤子・F・

        不二雄ミュージアム行こう!」

娘:「行く!やったぁー。」

俺:「新幹線で行くから、時間かかるよー。」

娘:「父ちゃん、新幹線にはトイレある?

新幹線乗ったことあるのに、気になるのは、トイレなんだ。さすが女子。

俺:「あるよ!てか、新幹線乗ったことあるや

        ん。飛行機の方がいい?」

娘:「飛行機無理。怖いから。」

俺:「でも来年、父ちゃんと母ちゃん、結婚して

        10年だから海外に旅行行こうかなと思って

         るよ。」

娘:「えぇー!」

ここで息子登場。

息子:「それなら、ママしか喋れんやん。」

俺:「父ちゃんも、少しは英語喋れるよ。職場に

        外国人の先生たくさんおるからね。」

息子:「パパ、英語喋れるの??」

娘:「パパ、英語の勉強してるやん!」

・・・

 

今日は、カレーを食べながらそんな話をしました。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

精神と時の部屋状態

f:id:meganenokagayaki:20190303201359p:image

3月になりましたね。

2019年も3ヶ月目です。

「もう3月かぁ。」

と思います。

一方で、「まだ3月なの。」

とも思います。

1月と2月は、たくさんのことがありすぎて時間の感覚が変になっているように思えます。

 

新しい出会い、新しい学び。

変化が大きくありました。

 

自分でも分かるくらい。

グッと前に進みました。

 

短期間で、この進み具合。

時間と成長がズレているように思います。

 

僕の中では3年くらいに1度起こります。

これを、精神と時の部屋状態。

こう名付けています。ドラゴンボールのあの部屋です。

 

さぁー、年度末の3月。

締めくくりをして、新年度を迎えたいです。

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

人生に彩りを与える音楽⑥

音楽には、力がある。

それも不思議な力。

 

テンションを上げる歌。
苛立ちを鎮める歌。

悲しい気持ちに寄り添ってくれる歌。

 

何度となく、音楽に力を貰い、そして乗り越えてきた出来事があります。僕の生活の側には、音楽があります。

 

正しく、NO MUSIC,NO LIFE.
怒髪天が歌ったように、音楽のない生活は、気の抜けたビールみたいなものです。

 

人生に彩りを与える音楽。

第6弾です。

 

人生に彩りを与えるという割に、今日紹介する曲は、2019年に入ってから出会った楽曲です。

 

山月記

f:id:meganenokagayaki:20190223203744j:image

それは、ハンバードハンバードの虎という曲。

ハンバードハンバードは、夫婦デュオです。

 

1998年結成なので、20年以上活動しているわけですね。幅広く音楽を聴いていますが、出会えなかったミュージシャン。これを引き合わせてくれたのが、Amazon Musicです。はっぴーえんどや高田渡を聴いていたら、あなたにお薦めで紹介してくれました。聴いている音楽の傾向からAIの能力って、凄まじい。こういう面では、ヒトより優れていますね。

 

何を見ても何をしても 虚ろな目は死んだ魚 吐き出されたコトバたちが 部屋中溢れて腐っている

人の胸に残るような そんな歌がつくれたら

負けた、負けた、今日も負けだ 光るコトバ見つからない 酒だ、酒だ、飲んでしまえ 虎にもなれずに溺れる

プレイリストの中で、一際目立つ曲名である虎という文字。聴いてみると、落ち込んだ気持ちから立ち上がれる気持ちにしてくれる曲でした。僕は、歌のところを授業に置き換えて聴いています。このところ、こんな気持ちです。

 

どうして、虎なのか?

調べてみると、中島敦の『山月記』を重ね合わせているようです。

 

山月記』、高校の授業で読んだような・・・

内容は、あまり覚えていません。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

虎

  • ハンバート ハンバート
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

 

 

 

 

 

寝る前の読書

f:id:meganenokagayaki:20190220213507p:image

歯磨きを終えて、寝室へ。

娘と息子が、2階へ上がっていきました。

布団に入って、寝る前の読書タイムの始まりです。リモコンの「おやすみ30分」を押す。この30分が、2人の読書タイムです。

 

読書ナビゲーター

小1の娘と年中の息子。

この頃は、この30分間は独り読みしています。

ゾロリやキャベタマたんていを黙々と読んでいます。息子が、「これ読んで」と保育園で貰った『小さなかがくのとも』を渡してきます。ちなみに昨日は、水道のお話を読みました。

でも、殆どの日は、黙々と読んでいます。読み聞かせの時期を卒業したようです。

 

僕や妻からすると、その時間に自分の本が読めるので助かります。ただ、「読んで欲しい」と言われないのは、少し寂しいです。

 

それにしても、独り読みができるような本を選んでいるのは、妻です。

 

子ども達が、興味を持ちそうな本をそっと図書館から借りてきている。この才能は、凄まじいです。きっかけ作りの天才です。

 

娘が気に入って、息子もつられて読む。

このパターンが出来上がっています。

 

今は、専らゾロリ

そして、漫画のドラえもん

 

活字離れなんか感じさせない。

我が家では、活字が溢れています。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。