眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

受験シーズン

今週のお題「受験」

f:id:meganenokagayaki:20180121212555j:image

 センター試験が終わり、2月から私立大学受験、関東では中学受験のスタート、国公立大学の2次試験。正に、受験シーズン真っ只中です。受験生の方は、先ずは体調管理が一番です。試験当日に万全の状態で迎えられるように準備をしてください。身体は資本。自分の力を最大限発揮するには、体調が整っていないといけません。この時期は、無理せず朝型へシフトチェンジ。脳が、試験時間である午前中に活性化するように、身体を慣れさせることが必要です。

 

「自分はやった」という自信

「合格できるのだろうか。」

試験前は、誰しもが不安になります。不安は、思えば思うほど増殖していくものです。人間は、ネガティブな事を見つけることは、大得意なのです。出来てない事探しは、エンドレスにできます。一方、ポジティブな事を見つけることは、苦手。今日できたことを探すことは、思っている以上にハードルが高い。人は、欠けている部分に目が行きやすい性質があります。

だから、意図的に良かった自分に目を向けることは非常に重要です。

準備は、万端。この気持ちで、自分の本来の力を出してください。緊張は、誰だってするものです。むしろ緊張しているくらいが丁度いい。

 

多くの受験生が、自分の希望する進路に進める事を願っています。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

広告を非表示にする

チャーハンは、パラっと!

f:id:meganenokagayaki:20180118204944j:image

チャーハンが、好き。

ラーメンに半チャーハン。

炭水化物プラス炭水化物。

確実に太るメニュー。

カロリーオーバーで、身体に良くないかもしれないけれど、ついつい頼んでしまいます。

だって、美味しいんだもん。

 

お玉で、丸くお山のように盛りつけられて出てくるチャーハンが、ベスト。欲を言えば、真っ赤な紅生姜が、上に載っているのがいい。

 

お店で食べると、ご飯がパラっとしていて美味しいです。なかなか家庭では、パラっとならないのです。

 

忘れられない味。

子供の頃、家族で行った中華屋さんのチャーハン。エビチャーハンは、格別でした。あれに勝る味は、未だに出会ってません。残念ながら、そのお店は今はありません。思い出の如く、味も美化されているかもしれませんが。

 

チャーハン専門店よりも、ラーメン屋さんのチャーハンが好きなのです。美味しいチャーハンに出会うために、ラーメンに半チャーハンセットを頼むのだろう。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

 

読み比べ

f:id:meganenokagayaki:20180117224130j:image

「2018年は、占いを意識して過ごしていこう。」

そう思って、年末に2冊の本を購入しました。

 

f:id:meganenokagayaki:20180117224325j:image

しいたけ占い/しいたけ

『VOGUE GIRL』で連載されているしいたけ占い。サイトでは、週間運勢をチェックしていました。僕には、シックリ来ることが毎週書かれていたので、購入しました。

しいたけさんによる魚座の基本性格は、

  • 衝動とリズムで行動するアーティスト
  • 究極の赤ちゃんのような人

だそうです。確かに、当たってる!!

そして、2018年の全体運は、「シャイから傲慢へ」。やりたいことをやっていこうという年だそうです。

 

3年の星占い/石井ゆかり

2018年から2020年までの星占いです。本屋さんで並んでいてついつい購入してしまいました。

石井ゆかりさんによる2018年の魚座は、

世界が広がる。未来が広がる。

やろうと思っていたことを、ここから最初の一歩を踏み出そう。そういった冒険の年になるそうです。

 

まとめ

二人の方の意見から出た結論は、「やりたいこと、面白いことをやってみよう!です。こうやって占い本を比較して読んだことは、初めてでしたが共通すること、違うところがよく分かりました。いいことは、しっかり受け止めて前に進んでいきます。好奇心を大事にして、2018年も楽しみます。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

しいたけ占い 12星座の蜜と毒

しいたけ占い 12星座の蜜と毒

 

 

 

3年の星占い 魚座 2018-2020

3年の星占い 魚座 2018-2020

 

 

 

広告を非表示にする

第14回研究開発学校フォーラムに行ってきたよ

f:id:meganenokagayaki:20180116142303j:image

「好奇心を学びのスクリューに」

これは、2018年の僕のテーマです。

早速、ワクワクする場へ行ってきました。

第14回研究開発学校フォーラムへ参加してきました。研究開発学校の研究発表を聞いて来ました。

因みに、研究開発学校制度とは・・・

(文部科学省のHPより抜粋)

研究開発学校制度は、教育実践の中から提起される諸課題や、学校教育に対する多様な要請に対応した新しい教育課程(カリキュラム)や指導方法を開発するため、学習指導要領等の国の基準によらない教育課程の編成・実施を認める制度です。

学習指導要領の枠に捉われずに、新たな教科を新設、または実験的な実践を行い、成果を検証していく。その発表会が、このフォーラムの内容でした。

 

f:id:meganenokagayaki:20180115214602j:image

どの学校も4年間かけて学校全体で取り組み、研究してきた内容だったので、面白いものばかりでした。発表を聞いて、自分の中で考えたことが3つあります。

 

①汎用性はあるのか

学習指導要領に捉われずに、実践を行なっているので内容もスケールが大きく、大胆なものが多い。そして何よりも時間数をたっぷりと確保して取り組んでいました。その分、既存の教科の時間数を大幅に削減しています。こうなると、学力面の不安(いわゆるテストの点数)や他校との関係が問題点となってきます。

 

②教科という枠組み

多くの学校が、「国語」・「算数」という縦割りの学習ではなく、教科を横断した問題解決型のカリキュラム構成でした。中高の場合は、教科の専門性が高くなるので、このような横断カリキュラムは、特に教師の学びにもつながるので効果的と感じました。しかし、小学校の場合は、多くの場合が担任による授業。総合的な学習の時間でも十分にカバーできるようにも思いました。

 

③学びを形にする

f:id:meganenokagayaki:20180115220014j:image

日頃の取り組みをまとめることの重要性を感じました。学びを可視化することは、自分の学びにもなるし、発信する意味でも大事なことだなと思いました。

f:id:meganenokagayaki:20180115220318j:image

今回のフォーラムに参加して、2学期末に作った「モチモチの木 学びの足あと」も意味があったなと改めて思いました。

 

まとめ

研究開発学校制度を利用するかどうかは、さておき日々の授業に対して内容をよく練り、実践し、振り返って、形にすることは、非常に大事なことである。特別大掛かりなことでなくても丁寧にまとめることは、自分たちの学びにつながる。そして、まずはできることから始める。しかも、学校全体で動けるように。いい刺激をもらいました。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

両手じゃ、抱えきれない夢

f:id:meganenokagayaki:20180110225114j:image

100個も!?

早速ですが、宝地図ってご存知ですか?

詳しいことは、以前ブログで書いているのでこちらを参照してください。↓↓↓

 

 

この記事を書いて以来、宝地図を作っていなかったので、夢のアップデート!2018年は、宝地図を作ることからスタートします。

 

宝地図は、自分の夢を可視化するもの。先ずは、自分の夢を確認するアクティビティである夢リスト100を作りしました。自分の行きたい所や欲しいものややってみたいことを100個書き出す。ただ、それだけです。今回は、ほぼ日手帳には、100個書き込める「My 100」というページがあります。こちらを活用させてもらいました。

 

f:id:meganenokagayaki:20180110230205j:image

あなたの夢は何ですか?

100個書くのに、タイムプレッシャーをかけました。1セット5分です。短い時間で刻んだ方が、書きやすいと思って挑戦しました。

 

2年前と比べると、欲しいものややりたいことが、減ったのかな・・・。そう思うくらい出足からなかなか書き足していくことができずにあっという間の第1セット終了してしまいました。20個も書けなくて、ショックでした。

 

欲しいもの行ってみたいところやってみたいことを思いつくままに書き出す。2年前は、サクサク書いていたのに、ひねり出すように100個書き終えました。

 

終わってふと思ったこと。

「以前書いたものは、結構叶っている!」

実は、やりたかったことや欲しかったものは、やってるし、手に入っているし、行きたかったところも意外と行ってるのです。

 

と言うことは、今回書いたことも、もちろん叶っちゃうかな(笑)100個書くのは、大変だったけれど、書いた後にそんなことを思えたのが、何よりの収穫です。

 

さて、これを基にして宝地図を作るとします。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

[新版]幸せな宝地図であなたの夢がかなう

[新版]幸せな宝地図であなたの夢がかなう

 

 

 

 

潜在意識に成功の種をまく

f:id:meganenokagayaki:20180104201558j:image

明日からまた仕事です。

正月明けの我が家は、僕が熱が出てダウンしたのを皮切りに、息子・娘・奥さんと熱が出てダウン。正月疲れで始まった新年です。

 

男の子の育て方-子どもの潜在意識にこっそり“成功の種”をまく方法  中野日出美著

 

女の子の育て方はこちら。

 

男の子は、成功の種として、7つが紹介されています。女の子は、幸せの種。男の子は、成功の種なんですよ。

 

  1. 自分を愛する
  2. 学力アップ
  3. 人付き合いがうまい
  4. 愛される男になる
  5. 打たれ強さ
  6. セルフコントロール
  7. たくさんのお金を稼ぐ

 

ポイント1

4番の「愛される男になる」は、大切だと思います。第一線で活躍されている方の多くは、周りから愛されているキャラクターです。それは、たくさんのことを自分から周りに与えているからです。愛されるためには、まずは自分から愛を与える。心から愛を振り撒く人には、愛が集まってきます。息子は、愛嬌があるので大事にして欲しいと思います。

 

ポイント2

5番の「打たれ強さ」も、男の子ではポイントだと思います。男の子って、打たれ弱い。関西弁で言うところのヘタレになってしまいがち。ポキっと心が折れてしまう人間ではなく、打たれ強い子に育って欲しい。そのためには、あえて失敗させて痛みを体験させる。誰だって、失敗や負けるのは、嫌なもんです。だからと言って、そうならないように周りの大人が配慮するのは、良くないわけです。

失敗をどう捉えさせるのかを学ばせる。その為に、失敗する経験をさせることは、本当に大事なことですよね。

 

まとめ

男の子は、努力を積み重ねる経験を通して得るものがあることを伝えていくことが大事なんだな。女の子は、コツコツできるタイプは多いですが、男の子って3日坊主タイプが多いですもん。そして、女の子同様、夢を描いてそれに向けて行動できるようになって欲しい。大人が、カッコいい生き方を見せていきたいです。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

男の子の育て方  子どもの潜在意識にこっそり“成功の種

男の子の育て方 子どもの潜在意識にこっそり“成功の種"をまく方法

 

 


 

 

 

 

潜在意識に幸せの種のまく

f:id:meganenokagayaki:20180103074347j:image

冬休みは、読書がすすむ。

1時間弱で、1冊を読む。

じっくり読むのも好きだけど、

集中して短時間で読んでまとめることも好き。

今回の本は、子育てに関するものです。

 

女の子の育て方-子どもの潜在意識にこっそり“幸せの種”をまく方法 中野日出美著

 

幸せの種として、7つが紹介されていました。

  1. 自分で稼げる女になる
  2. 自分を傷つけない
  3. 選ばれる女ではなく、選ぶ女に
  4. 女子の戦場を上手に生き抜く
  5. しなやかに、たくましく人生を切り拓く
  6. 理想のパートナーを引き寄せる
  7. 絶対に幸せになる

 

ポイント1

1つ目は、3番の「選ばれる女ではなく、選ぶ女に」。自分で選ぶ力が必要である。自分の幸せのために行動できる力がいるというわけです。

そのためには、自分の夢をしっかりと持ち、そのために何をすべきか考えて、実行できるようになるマインドを育てることが大切。失敗してもまたやり方を変えて、実行していく気持ちを育んでいきたいものです。

 

 ポイント2

2つ目は、4番の「女子の戦場を上手く生き抜く 」。小学校の中学年くらいから始まる女子の関係です。

 大なり小なり巻き込まれるとは、思います。

しかし、どっぷりと浸るようになる子とそうでない子がいるわけです。そこには、他に依存する意識が大きく関係しているのではないでしょうか。自信が持てないから、依存する。そして、グループを作り、他を攻撃する。娘には、上手く生き抜いて欲しいものです。

 

 まとめ

潜在意識に種を蒔くには、親の考え方や生き方が影響します。正しく、親の背中を見て育つというわけです。僕自身もいつまでも夢を追いかけて自分を高めていく。娘と共に学ぶ。そんな父親でありたいと思います。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

女の子の育て方  子どもの潜在意識にこっそり“幸せの種

女の子の育て方 子どもの潜在意識にこっそり“幸せの種"をまく方法