眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

考える、想像する、そして行動する

f:id:meganenokagayaki:20200701215952p:image

想像力

「どうしたら、上手くできますか?」

後輩から、相談を受けました。

僕は、相談を受けた時に必ず言うことがあります。まず、こう切り返すのです。

「どうしたら、いいと思う?」

質問返しです(笑)

自分が悩んでいることに対して、自分の考えがあるのと、ないのでは、真剣さが違います。

もし、本人に考えがない時は、「自分の考えを持ってからもう一度聞いて。」と伝えます。

なぜなら、自分の軸がない人と、対話をしても深まらないからです。

 

一方、「○○をしてみようと思うんです。」と、自分の考えを持っている場合は、必ずこう言います。

「やってみれば?」

困っている状況がある。それを改善したい。

改善するために、何となくアイデアが思いついた。だったら、やってみよう!

そこまで、想像力が働いたなら、課題はきっとクリアできるのです。

 

ドラえもんの言葉

想像力は未来だ!人への思いやりだ!想像することを諦めた時に破壊が生まれるんだ!

この言葉は、『のび太の月面探査機』の中で、ドラえもんが、放ったセリフです。

より良くなりたい。

こう、想像しながら授業をする先生は、きっと授業が上手くなるでしょう。

ところが、自分の授業の不出来を自分以外にしてしまう。例えば、子供が話を聞いてくれないとかです。

その場合、その先生はいつまで経っても変わらないのです。それは、子供への思いやりがないからです。

 

変わるためには、行動あるのみ

変化をするためには、行動する。

これにつきます。

行動、修正、行動、修正・・・。

この繰り返しこそが、ゴールデンコース。

人は、直ぐには変われないけど、変わろうと決めることは、一瞬で、できる。

自分への戒めとも思って、明日も授業をします。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

『まいごのかぎ』その6

f:id:meganenokagayaki:20200626203029j:image

まいごのかぎの5場面の読み取りです。

いよいよ最後の場面です。

クライマックスなので、内容も濃いですし、少し長い場面です。それ故に、面白い場面です。

 

もう嫌だけど、かぎ穴を見つけて

アジの干物が飛んでいきそうになり、慌ててかぎをぬいたりいこ。次々と起こる不思議な出来事に対して、最初は驚いていました。ところが、自分が、かぎを挿しこみ、回すことで起こっている出来事なので悲しくなってきてしまいます。そう、余計なことばかりしてしまう自分に対して悲しくなっているのです。

本来の目的は、拾ったかぎを交番へ届けること。早く交番に行かないと。交番までは、もう少しです。

ところが、また気になるものを見つけてしまいます。バスの時刻表です。「バス」のバに点が3つあるのです。その一つが、かぎ穴になっている。無視して交番へ行けばいいんだけど、やっぱりかぎを挿しこんでしまいます。

 

かぎを抜いても止まらない

かぎを回すと、時刻表の数字が無茶苦茶に動きます。変な時刻になってしまったので、いつものように慌てて、かぎを抜きます。でも、時刻表は元に戻りません。

どうしよう・・・

りいこは、立ちすくんでしまいました。こんなことをしたら、自分がお巡りさんに叱られてしまうかもしれない。不安になります。

ファ、ファ、ファーン!

遠くの方からバスが何台も連なって、りいこの方に向かってくるのです。そして、りいこの前で、まるで踊っているように動いたのです。

 

楽しそうに見える

りいこは、バスの動きを見て、こう思いました。なんだか、楽しそうだと。

そこで、ふと気づいたのです。さくらの木も公園のベンチもアジの干物も、好きなことをしたかったことに。

すると、バスは、踊るのをやめて、帰っていきました。そして、りいこは、見つけました。バスの中に自分が消してしまったウサギが乗っていることに。しかも、手を振ってくれている。

りいこも、嬉しくなって手を振り返しました。

 

余計なことなどない

この場面、りいこにとって良かったことに「自分がいいことをしたと思ったこと」という意見が挙がりました。

詳しく聞くと、かぎを挿して回すことをりいこは余計なことだと思っていたけど、バスが楽しそうに動いているのを見て、自分がしたことで喜んでもらえたからということでした。

確かに、これまで不思議なことを起こしてきたけれど、最終的に自分がした行為で、喜んでもらえた。そこに気づいたことで、自分の気持ちも変化しています。こういうところに、話が広がって、子供たちの想像力に改めて感服しました。

 

これで場面読みは、おしまいです。

次の授業は、物語の続きを考えていきます。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

『まいごのかぎ』その5

f:id:meganenokagayaki:20200624232933j:image

まいごのかぎの場面読み。

今回は、4場面目です。

共感マップを使った読み取りです。

 

次は、アジの干物

交番へかぎを届ける旅は、続きます。

だんだんと海に近づいてきたようです。

風景は、海沿いへと変わります。

さくらの木、公園のベンチ。

これまで、意外なものにかぎ穴を見つけてきました。その度に、かぎを差し込み、回すと、不思議なことが起こってきました。

次は、どんなことが起こるのでしょうか。

子供たちもワクワクして読んでいます。

 

海沿いの道にやってきたりいこは、アジの開きが干してある網を見つけます。どうやら、漁師さんが干物にするために干しているようです。

ここで、アジの開きにかぎ穴を見つけてしまいます。

 

これまでに2度不思議なことが起こっています。それでもりいこは、気になってかぎを差し込み、カチャ・・・。

 

気持ちに変化

かぎを回し終えると、アジは空に向かって翔び立ちます。まるで、海に帰ろうとしているのです。慌てたりいこは、急いでかぎを抜き取ります。ついには、「悲しくなってしまった。」

言っています。今まで、かぎを回して起こった出来事は、びっくりしたという驚きの感情を持っていました。ところが、とうとう今回は、悲しくなってしまったのです。

 

ここが、この場面の問いかけるポイントです。

どうして、悲しくなったの?

変化を読み取るこの場面。気持ちの変化に着目していて、生まれた問いです。

 

これまでの出来事を振り返り、どうして気持ちが変化したのかを考えなければいけません。侃侃諤諤した意見交換が行われました。

 

軸を意識した質問を投げかけられると、子供の意識が、グッとそちらに移動します。これこそが、面白くなるポイントですね。

 

次回は、物語のラストの場面を読みます。今日も読んでいただき、ありがとうございます。

『まいごのかぎ』その4

f:id:meganenokagayaki:20200619210525j:image

まいごのかぎの場面読みです。

今回は、三場面を共感マップでまとめました。

子供たちも共感マップの書き方もなれてきたようです。

 

さくらの木の変化・・・

カギを見つけて、交番へ届けることにした主人公りいこ。前時では、さくらの木に鍵穴を見つけて、カギを差し込み、回してみます。すると、ドングリの実が落ちてくる。そんな変化が起こりました。

 

 

公園に行くと・・・

本時は、近道をするために公園を通るところです。公園に置いてある緑色のベンチが目に止まりました。鍵穴を見つけたのです。

早く、交番にカギを届けたい。

こんな気持ちとは、裏腹にりいこは、ベンチの鍵穴を見て、カギを挿して回します。

すると、突然ベンチが4本の足を出して動き出すのです。しかも、ひだまりへ移動して、昼寝をしようとするのです。

 

再び驚き、そして

動き出したベンチ。

それに戸惑うりいこ。

りいこは、そっと忍び寄り、カギを抜きます。

すると、ベンチは、元の位置へ戻ります。

うらめしそうな表情をしながら・・・

このうらめしそうな表情が、何を意味してしているのかは、物語の最後で繋がります。

 

どうやら、ベンチのカギでもなかったようです。りいこも、かぎを拾ったがために、不思議な事に巻き込まれて驚いています。それでも、かぎを交番に届けるために、歩みを進めるのでした。

 

今日も読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

 

『まいごのかぎ』その3

f:id:meganenokagayaki:20200617222532j:image

『まいごのかぎ』の授業も3時目です。

2場面の読み取りとなります。

もちろん、共感マップを使って読みます。

 

冒険の始まり

図工の時間に余計なことをして、凹んでいたりいこ。ヤブガラシの中から、黄金色に光るカギを見つけて、テンションが上がります。

交番に届けないと!

カギを届けに行こうとするめいこに、ここから様々な出来事が起こるのです。

 

どんぐりが落ちてくる

最初に出会ったのは、サクラの木です。

りいこは、サクラの木に鍵穴を見つけます。

持っていた鍵を挿し込み、回す。

瞬くすると、サクラの木からドングリの実が落ちてくる。何とも不思議な光景です。その不思議な出来事が、このお話のキーとなるのです。

 

変化をおさえる

この物語文の目標である変化を捉える。

サクラの木は、鍵によって変化した。

交番に届けたいという気持ちが、サクラの木の出来事によって、気持ちが変化した。

読み方の軸を意識して、最後はそこに戻ってくるように組み立てる。このような授業構成をしています。

 

 

今日も読んでいただきましてありがとうございました。

『まいごのかぎ』その2

f:id:meganenokagayaki:20200616222445j:image

さて、ざっくり読みをした前時で概要をつかみました。ここからは、場面読みです。もっと、主人公の心情を読み解いていきます。

もちろん、共感マップを使っていきます。

 

不思議な世界への入り口

物語の最初は、丁寧に読むべし。

何故なら、設定が描かれているから。

物語でおさえるべき5つのポイントが、全て書かれているからです。時や場所は、もちろんのこと、登場人物の気持ちも描かれています。ここで描かれている気持ちが、この後の出来事を通して、変化していくのです。

これらを1枚にまとめられるのが、共感マップの凄さになります。『まいごのかぎ』では、余計なことをしてしまったりいこの落ち込んでいる気持ちが、様々な表現で書かれています。

 

よけいなことだったの?

図工の時間、校舎を描いた絵に、寂しいからウサギの絵を描いたりいこ。不思議系な女の子ですね。そのウサギをクラスの友達に見られてしまって、笑われてしまう。慌てて、ウサギを消してしまいます。果たして、ウサギを描いたことは、余計なことだったのでしょうか。

りいこにとっては、そんなことはありません。

寂しい絵に書き加えた。それは、絵をより良くするために書いたこと。りいこにとっては、良かったことなのです。でも、友達に笑われてしまって凹んでしまいます。

 

鍵の発見

凹んで歩いた帰り道。

ヤブガラシの間でキラキラ光る鍵を見つけます。さぁー、ここから不思議な世界へと入っていきます。ここからは、次回です。

 

今日も読んでいただきましてありがとうございました。

 

『まいごのかぎ』その1


f:id:meganenokagayaki:20200614181646j:image

f:id:meganenokagayaki:20200614181618j:image



国語の授業で、『まいごのかぎ』という物語文の授業が、始まりました。勤務校で使用している教科書は、光村図書です。このお話は、今回の教科書改訂で初めて掲載されているお話です。初めてなので、ここからたくさんの先生方が、授業を実践されていく。初物を扱うことができるのは、貴重です。僕自身も初めて扱う教材なので、どんな授業ができるのか、教材を分析しながら、やっていこうと思います。

『きつつきの商売』と同じく、物語文の授業でおさえる5つのポイントに沿って1時目の授業を行いました。

 

5つのポイント

僕が、物語文でまず確認する5つのポイントがあります。

  • 登場人物
  • 時間
  • 場所
  • 出来事
  • 登場人物の気持ち

この5つを1時目に全文読んだ後に確認します。

これは、物語文で必ずおさえておきたい共通項目です。『まいごのかぎ』は、少し長いお話なので、出来事が5つ含まれています。

 

この教材で意識すること

『まいごのかぎ』では、登場人物の変化に気をつけて読むことが求められています。変化がキーワードとなります。主人公であるりいこという女の子が、かぎを拾うところから物語が始まります。かぎを交番に届けようと歩き始めます。その道中で、出会う様々なものにそのかぎを挿してまわすと、変化が起こります。

そして、主人公りいこの気持ちの変化も重要です。ここは、場面読みで深めていきます。

 

この物語を紹介しよう

5つのポイントをおさえた後は、『まいごのかぎ』の紹介文を書きました。紹介を書かせることで、初回の読みでどのくらい理解できているのかが、わかります。初回で分かっていなくても、場面読みをしていく中で、理解は深まるのですが、児童の読解力を知るためには、非常に分かりやすい活動です。

 

次の授業からは、場面ごとの共感マップを使った授業を行います。

 

今日も読んでいただきまして、ありがとうございました。