眼鏡のカガヤキ☆

眼鏡を通して見えるキラキラした日常をお伝えします。岡山で小学校の先生をしている僕が、授業実践や読んだ本・好きな音楽・子育てについてキラッと輝くことをお伝えするブログです。

ベストナイン受賞

f:id:meganenokagayaki:20190114210418p:image

新年早々嬉しい知らせが届きました。

フォレスタネットというサイトをご存知でしょうか?知ってる方もおられるでしょう。もしかすると、学校の先生をされている方は、名前を聞いたことがある。または、『教育技術』で見たことがある方もいるかもしれません。

 

フォレスタネットは、授業準備のための情報サイトです。小学校から高校まで全国の先生が、自分のされている授業や学級経営などの実践を発表できるサイトです。

 

 

僕が、このサイトを知ったきっかけは、facebookの広告です。実践集が無料でいただけるということで、登録しました。

 

これは発表してみよう!

専ら見る専門でしたが、ふと目に止まった言葉がありました。フォレワングランプリです。これは、毎月フォレスタネットで実施されているイベントです。新人王や月間MVP、そして各教科から選ばれるベストナインという賞があります。参加基準や審査基準は、このような形です。

 

◆参加対象者

・大会期間中に3つ以上のコンテンツを投稿して頂いたユーザーの皆様

 

◆選考対象コンテンツ

・新規に作成した教科実践もしくは学級経営の実践

※過去に投稿したコンテンツを期間中に編集して再度投稿したものは対象外とさせて頂きます。

 

 

丁度、12月に国語で「ごんぎつね」の授業をしていたことをこちらのブログでまとめていたので、それを基にしてフォレスタネットに投稿していきました。

 

 

 

僕としてみれば、4年前に行った授業と比較して自分を振り返るために書いていた記事です。

 

誰かのためになる実践

12月に行ったごんぎつねの授業に関して、場面ごとに行った授業について7つ投稿しました。

共感マップに関する授業は、このブログでは何度も紹介してきました。昨年は、職員研修でも紹介して、徐々に伝える活動をしてきました。

 

ここはひとつ、全国に発信してみるのはどうだろうか。僕の中にあるチャレンジしたい気持ちに火がつきました。きっと、興味を持ってもらえる実践じゃないのか。僕には、根拠のない自信がありました。

 

年が明けて、2019年1月7日にメールが来ました。それは、僕が12月のフォレワングランプリで国語部門で受賞したという知らせです。

 

f:id:meganenokagayaki:20190114215555j:image

 

そして、昨日届きました。付箋や絆創膏といったノベルティ、今まで発刊されている実践集。そしてトロフィーです。段ボール箱にズッシリ入って届きました。副賞の多さに驚きました。トロフィーは、立てるとこんな感じです。

 

f:id:meganenokagayaki:20190114215622j:image

 

いくつになっても、受賞という言葉は嬉しいですね。僕の実践が、誰かの役に立っている。そう考えると、幸せいっぱいになります。

 

やはり、自分の実践を言葉にして発信する。

小さなことでも積み重ねれると、形になる。

 

子供たちに同じことを言っている以上我々教員も行動で示していかないといけませんね。

 

この賞を励みに、面白い授業をもっとしていきます。

 

今日は読んでくださってありがとうございます。

 

 



 

 

 

息子が熱中しているもの

f:id:meganenokagayaki:20190106141708j:image

息子が、今熱中していることがあります。

それは、あやとりです。きっかけは、保育園の先生に教えてもらったそうです。

 

年始に、実家へ帰省している時に僕の母親から幾つか技を教えてもらい、熱中度が増しています。そして、かなり上達しています。

 

息子の様子を見ていると、上達ポイントは3つありました。

 

 

①空間把握

f:id:meganenokagayaki:20190106143955j:image

息子は、空間把握能力が高いみたいです。LEGOや折り紙をするのが好きなので、その能力が養われているのかなと思います。

折り紙も、本を見ながらどんどん新しいものが折れるようになっています。

母親が、「次は、ここをこうして・・」と説明しながらやってみせているのを見て、できるようになっていました。

 

②負けず嫌い

f:id:meganenokagayaki:20190106144153p:image

教えてもらった事ができない。息子は、とても悔しがります。そして、できるように何回も挑戦しています。しかも、コツコツと。できるようになったら、ドヤ顔で披露する。この諦めずに取り組む姿勢が、あやとりを上達させているのだと思います。

 

③教え上手

f:id:meganenokagayaki:20190108231538p:image

そして、できるようになった技を僕に教えてくれます。僕が説明を聞いて分からなかった時は、僕の指を持って、指示をしてくれたり別の言い方で伝えようとしてくれます。

学んだことを誰に伝えるのが、その人にとって、一番の学びです。

 

お正月明け、保育園でも友達に教えたり、技を披露したりして、より多くの技を覚えているようです。のび太を目指しているような息子です。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

家庭学習のやり方を示す

f:id:meganenokagayaki:20190105212120j:image

年末に友達と飲みました。

彼とは、教員になってからの友達。

今は、お互い違う職場で働いていますが、年に数回飲んで近況を伝え合う。社会人になってから出来た数少ない友達です。

 

そんな彼が、勧めてくれた本があります。折角勧めてくれたのだから、呑んでいる最中にAmazonで注文しました。2日後くらいに届いており、今日読みました。僕は、人から勧めらた本や音楽は、読んだり聴いたりするようにしています。何故なら、相手に勧めるって、結構ハードルの高いことなんです。

「嫌って言われたらどうしよう・・・。」

 

いくら親しくても、本や音楽って好みがあります。そこを意識して(もしかしたら意識していない人もいるかも知れないけれど)お勧めを伝えているのだから、手に取ってみることにしているのです。

それが、写真に挙げている本です。

 

田尻悟郎著『(英語)授業改革論』です。

田尻さんは、中学校の英語教師として、26年間勤務した後、関西大学教授を務めて今は、関西大学中等部・高等部の校長をされているようです。

 

我慢と観察

人が、この場合生徒が、知りたいと思う時は、2つだと、田尻さんは言われています。

  1. 失敗した時
  2. 分からない時

逆に、伝えた内容が、生徒に素直に入った時は、知りたい欲求が起こり、満たされた時と言っています。

ですので、教師は、「教えて欲しい」という生徒の欲求を観察して、そこまで我慢する必要があるというわけです。

 

家庭学習のやり方

f:id:meganenokagayaki:20190105215726j:image

授業においては、間違うことが大切である。

間違うことで、悔しさを味わう。そして、同じミスを繰り返さないように気をつけるようになる。その為にも、授業では間違いを知る。さらに何故間違えたのか、考える時間を確保する必要があると言っています。

また、授業とは、家庭学習を体験する場であると述べています。授業で学んだ続きを家でしようと思ってもらってこそ、上達が望める。そのように田尻さんは、考えておられるようです。

 

研究協議の良し悪しとは・・・

f:id:meganenokagayaki:20190105215743j:image

立場上、研究授業に呼ばれる田尻さん。

そして、授業後の研究協議で講評を求められる事が多いそうです。ただし、田尻さんは、いつも研究協議の司会をするようにしているそうです。それは、黙って待っておくのが、苦手なことに加えて、司会が一番勉強になるからという理由だからだそうです。

研究協議が実りある話し合いになるかは、司会者次第。そう考えて、活発な話し合いになるように田尻さんは、司会をされているようです。

 

まとめ

授業を「家庭学習を体験する場」と考えていることが、自分にはない視点であり、なるほどと思いました。確かに、授業で学んだことを繋げる事が大切です。学び方を学ぶのが、授業。そこを実践するのが、家庭学習。「家でもやろうかな!」と思わせる構成を組み立てることは、非常に大事です。

 

『(英語)授業改革論』という括弧は、英語の授業以外にも当てはまるから、このタイトルにしてるらしいよ。

 

友達が言っていた意味が分かりました。

これは、科目に関係なく活用できる内容が書かれた本だと思います。

 

教師の方は、読むと気づきが得られると思いますよ。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

(英語)授業改革論

(英語)授業改革論

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの感覚

f:id:meganenokagayaki:20190105124953j:image

星野源(以下、源さん)さんのニューアルバム『POP VIRUS』を年末に買いました。年末年始、車での移動のBGMにずっと聴いていました。このアルバムは、久しぶりにCDショップに足を運んで購入しました。欲しいものを持ってレジへ。店員さんから「購入特典がありますよー。」とクリアファイルも貰いました。

 

そう言えば、源さんに対する記事を以前書いていました。

 

 

 

岡山から、タワレコが無くなって以来、CDを買うのは、amazonでした。買ったCDを袋に入れて貰い、持って帰る。amazoだと、ダンボール開けて直ぐに聴ける。ですので、家に帰るまでのワクワク感を久しぶりに味わいました。

 

僕のルーティン

聴くまでの流れが僕にはあります。

  1. CDを購入したら、ビニールのカバーを取る。
  2. ケースを開けて、歌詞カードを読む。
  3. 歌詞カードを読み終えたら、ケースに戻す。
  4. 帯があれば、歌詞カードと一緒に入れる。
  5. CDを取り出して、CDを聴く。

f:id:meganenokagayaki:20190105183057p:image

アルバムって、作品だから通して全部聴きます。ミュージシャンも曲順や曲と曲の間隔までこだわって、作っているのでそれを味わいたいのです。ネットで一曲購入の時代だからこそ、アルバムは、そこをこだわっていると思っています。そこを、僕は大事にしたいのです。

 

まとめ

久しぶりにCDを買って帰る経験をして思ったことがあります。それは、3つです。

  • このCDは、買って良かったのかな?
  • 外れていたら、残念。
  • 早く聴きたいな。

 

中高生の時、限られたお小遣いで、買うCDを選んで買っていた時を思い出しました。あの時は、何を買うか、どれをレンタルするか。

僕は、よく考えていました。

 

でも今の若い世代は、音楽はyoutubeで聴くもの。音楽を聴くのにお金を払うなんて、理解できない。

 

そんな若者もいるはずです。

 

 

でもね、音楽は芸術です。

ミュージシャンの内側にある言葉を、音にのせて表現する。歌詞に共感する場合もあります。音に共感する場合もあります。歌詞の場合は、言葉という、ロジカルな部分。音の場合は、多くの人は、何となく。とんでもない創造的作品だと考えています。だから、どのCDもほど同じ価格で購入できるシステムは、有難いです。

 

だからこそ、音楽を聴いて欲しいです。

出来れば、CDで。

もっと欲を言うと、ライブで。

会場に足を運んで聴くからこそ、感じられる音が、あるのです。CDやネットでは、分からない部分。それは、言葉で表現できないリアル。リアルだからこそ、その場でしか味わう事が出来ない音があるのです。

 

今年は、久しぶりにライブ会場にたくさん足を運びたいと思います。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

POP VIRUS (CD)(通常盤)(特典なし)

POP VIRUS (CD)(通常盤)(特典なし)

 

 

 

 

あれがやってみたい!

f:id:meganenokagayaki:20190103170511j:image

今日は、キッザニア甲子園に行ってきました。

娘も息子もキッザニアが、大好きです。今回が3回目の来場となりました。

 

毎度の事ながら、第1部(9:00-15:00)に入国するためには、朝早くから家を出発するのは、億劫です。子供たちは、楽しみなキッザニアなので興奮してかなり早起き。着く頃に、少し眠そう。でも、着いたら眠気なんて、どこへやらです。

 

入国したら即すること

キッザニアに入国して、最初にすることは飲食店の仕事の予約です。パン作りやお菓子作りなど、食べ物を作る仕事は非常に人気が高いのです。直ぐに申し込みに行かないと、仕事が出来ない場合が多いにあります。

 

行く道中で、子供達に確認しました。すると、今回、小1の娘はピザ作りをしたい。5歳の息子は、寿司作りをしたい。それが、分かりました。

f:id:meganenokagayaki:20190103172741p:image

 

ですので、入国したら一直線にそれらのお店に向かいました。僕は、息子と行動して寿司屋さんへ。9:00前には入国できていましたが、寿司作りをしたい子供達の列は既にできていました。息子は、12:20の回に何とか予約が出来ました。娘も無事にピザ作りの予約ができたようでした。正直言って、これで大人の仕事は終わったようなものです。

 

したい仕事と時間との兼ね合い

飲食店の仕事の予約が完了すれば、後は子どもがしたい仕事と時間との兼ね合いだけです。

僕が尋ねるのは、これだけです。

「何の仕事したいの?」

そして、息子が聞いてくるのは、

「これしたら、寿司に間に合う?」

です。

 

息子は、ペンキ塗りをしたいと言うので一番最初に壁にペンキを塗る仕事をしていました。寿司までの間にした仕事は、マヨネーズ作り証券会社。念願の寿司作りの後は、漫画家新聞記者をしていました。息子は、物作りをするのが好きなようです。

 

一方娘は、ダンサーパレードショーなど体を使って表現するのが好きなようです。弟と一緒にパレードに出たかったようで、何度も誘っていましたが、息子は頑なに拒否していました。

 

楽しく働く

好きなことを仕事にする。

楽しい仕事をしたい。

誰しもそうしたいですよね。

好きなことをしたり、楽しい仕事に就くことが必ずしもできる訳ではありません。ただ、楽しく働くことはできます。

キッザニアは、その楽しく働くことを体験できるようにしてあります。自分のしたいことも見つかる。これからも、年に一度はキッザニアに連れて行ってあげたいと思います。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

ごんぎつね6場面-ごんの視点より-

f:id:meganenokagayaki:20181230123421j:image

ごんぎつねの最後の場面です。

作者である新美南吉さんは、この場面だけ兵十の視点で物語を描いています。この前の授業では、本文通りに兵十の共感マップを作りました。

 

この授業では、同じ場面でもごんの視点から見ると、どうなのか。ごんの共感マップを作りました。4年前は、ここまでしていません。初めての試みです。

 

Another side

1つの文章を違う視点で読む。

人物に焦点を当てて作る共感マップだからこそ、視点の違いをはっきりさせて読むことができました。特に、「思う・感じる」の部分では、文章に書かれていないので行間から読み取る、想像する。読み取る力が、養われる読み方だなと思います。しかも、そこが可視化されるのが共感マップの強みです。


f:id:meganenokagayaki:20190102081155j:image

f:id:meganenokagayaki:20190102081159j:image

 

兵十に最大限のことができた

ごんは、兵十に撃たれてしまう場面ですが、このような質問をしました。

ごんにとって、良かったことは何だろう?

  • くりを土間に置けたこと
  • 兵十にくりを置いていたのが自分だと知ってもらえたこと
  • 兵十に最大限のことができたこと
  • 兵十のおっかあに謝れたこと(死んだ後)

 

兵十が火縄銃でごんを撃ってしまった悲しい場面ですが、ごんの想いが兵十には伝わったという話に落ち着きました。また、兵十もくりや松たけを持ってきてくれていたのが、神様ではなくて、ごんであることが分かったことが良かったと挙げていました。

 

このように比較することで、互いの気持ちがすれ違っていたけれど、最後の最後には分かち合えたからこそ、青いけむりが余計に寂しさを表しているのだという意見があがりました。

 

学習のまとめに

f:id:meganenokagayaki:20190103073859j:image

最後に授業で書いてきた共感マップを7枚に表紙をつけて、冊子を作りました。こうして、ごんぎつねの学びは終えました。

 

4年前の授業では出来なかった最後の場面をごんと兵十それぞれの共感マップを書くことができたことが大きな収穫でした。

 

人物の行動と感情を読み取り、読みをクラス全員で深めていく共感マップを使った物語文の授業。発問の質を高めることで、もっと進化。そして、更に深化することができることを今年度の授業を通して、実感することができました。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

光の祭

f:id:meganenokagayaki:20181230182449j:image

高知城へきています。

高知は、ただ今維新博で盛り上がりを見せています。その目玉となっている企画に行って来ました。

 

チームラボによる光の祭が、ただ今開催中です。プロジェクションマッピングによる幻想的な世界。来場している人は、この不思議な空間を楽しんでいました。もちろん、僕もそのひとりです。

 

たまごが、至る所に配置されています。色が定期的に変わるのが、非常にキレイでした。

 

f:id:meganenokagayaki:20181230213051j:image

 

f:id:meganenokagayaki:20181230213231j:image

寒さを忘れるくらい、我が子達もはしゃいでいました。天守閣まで登りたかったのですが、2時間かかるということで、断念しました。

 

それでも十分楽しむことができた企画でした。

さすが、チームラボ。

テクノロジーと歴史の組み合わせが、新しい芸術を生み出していました。SF(少し・不思議)な空間に触れることで、言葉ではなかなか表現できない感覚を感じることができました。

 

都合の合う方は、是非高知へ!!

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。